「PGA Farmers insurance Qualifying」

今週の火曜日PGAツアーのQualifyingに出場しました。結果は3オーバーの25位タイ(約90人参加)。

通過は3人で4アンダーがカットラインでした。これを通過してマンデーでは、通常上位3人に本戦出場資格が与えられます。狭き門とは言え、PGAは夢がありますね。野球で言えば、MLBの試合にどんな形であれ急に出場することは考えられないですよね。だからPGAは競技者には人気があるし、利益もかなり上げています。

私自身はこのQualifyingでは、結果だけ見ればそれほど良くない様に見えるでしょうが、かなりの手応えがありました。1番から8番までは全てパー。9番は、アプローチ後の短い1mほどのパットを外してボギーにしてしまいましたが、その後も冷静にプレーできました。完全に入ったと思ったバーディーパットが3度ぐらい、カップに嫌われて入らなかったりと運の悪い面もあって、3オーバーでしたが、ショットが以前よりもかなりコントロールできるようになっているし、飛距離も伸びています。

この感じでいけば、近いうちに爆発する予感がしていて、日々ゴルフ場に行くのが楽しくなってきています。オンラインサロンでも述べていましたが、その前の数週間は、なかなか思い通りのプレーができず、ちょっとイライラすることもありましたが、地道な技術練習とメンタルの勉強のおかげで、思い通りのプレーに近づいています。

成果は努力に比例してすぐ現れるものではなく、ちょっと遅れて現れてくる典型的な例だと思います。努力しても結果が出ないと諦めてしまうか? それとも、結果が伴わなくても努力し続けるか?

自分が好きなことであれば、やはり諦めず努力し続けるべきでしょう。これからもどんどん試合に出場していきたいと思います。ただ、コロナの影響で遠出はできませんが、近くの試合、ミニツアーは出来るだけ参加していきたいです。

またいろいろ報告させていただきます。