生い立ち(高校2年生、春の甲子園編)

1年生の夏場頃から肩の痛みを訴え始めた私は、数週間休んでは投げ、また痛みを再発して休みを繰り返すようになっていました。ピッチングでは中学全国優勝の実力を発揮できなかった私も、中学時代に自信をつけたバッティングでは力を発揮し始めていました。春の甲子園を賭けた秋季県大会、近畿大会は代打専門のバッターとして登録メンバーに選ばれました。もちろん、その間も田中副部長のピッチング指導が続きました。(続きを読む)