熟達志向とエゴ志向

本日の長谷川滋利のオンラインサロンは、「熟達志向とエゴ志向」というテーマで討論しました。スポーツやビジネスシーンで、一番力が出るゾーンやフロー状態に入るためには、熟達志向がよい。熟達志向とは、ゴルフであれば、他のプレーヤーと戦うのではなく、コースを相手にプレーする。結果よりも、過程や技術的な向上に意識を向けるということです。(続く)

震えを力に変える

今回のオンラインサロンは「震えを力に変える」という議題で話し合いました。大事な試合の前、あるいは大事な会議の前に体が震えてしまう。そして本番が始まると実際の自分の力を発揮できない。こんなことはよくあることだと思います。スポーツ選手なら、どれだけ普段練習を積んでいたとしても、大きな試合や、大事な場面では震えるものです。(続く)

インタビューにきっちり答える

今回のオンラインサロンは、インタビューにきっちり答えるというテーマで、皆さんにインタビュー形式で答えてもらいました。何もプロの選手のようにレベルの高いところでプレーしている選手でなくても、コーチや両親がインタビュアーになって、選手に質問をぶつけてあげることで、メンタルトレーニングの役に立つでしょう。(続く)

人格主義

今回のオンラインサロン(有料)は「人格主義と個性主義」という題で行いました。スポーツでの人格主義とは、スポーツマンシップにのっとったプレーや、誠実なプレーヤーになるということです。野球やサッカーはチームスポーツですので、チームのためにプレーするというのは当然のこととして考えられていますが、私はその前に個々の選手が誠実でないといけないと考えます。(続く)

力の加減

野球にしても、ゴルフにしても、全力でプレーしなければいけないと思い込む人は多いものです。それは何もおかしいことではありません。人間は狩猟時代から窮地に立たされると体に力が入るようにできています。というのも、体に力を入れることによって何かあった時(例えば、獣に急に襲われるなど)に、自分の体を守ることができるからです。(続く)

音楽を聴いて感情をコントロールする

スポーツのパフォーマンスを上げるために音楽は欠かせないものだと私は考えます。特に気持ちが乗らない時、緊張している時、落ち込んでいる時は、音楽を用いて自分の感情をコントロールすることができるでしょう。オリンピック選手が競技直前までイヤホンをしているのをテレビで見かけると思います。それは普段から練習中、試合の前に同じ音楽を聞いていて、大試合の前でもその曲を聞くことにより、平常心を保てるようにするためです。(続きを読む)

自分を知る

成功する人は、自分の置かれている立場をよく理解しています。自分の身の回りに起こるちょっとしたことでさえ、理解が及ばなかったり、コントロールできないことを知っています。成功するには、まず自分を知ること。自分がコントロールできることと、できないことを見分けることができなければなりません。自分自身を知ること、それは自分自身を直視して、自分をごまかさないことです。自分を知り、自分の能力を信じ、常に向上心を忘れないことが成功する秘訣です。(続きを読む)

「気持ちが伝わる!好かれる英会話」

「気持ちが伝わる!好かれる英会話」

「気持ちが伝わる!好かれる英会話」日経BP社より、1,650円での販売となります。発売日は11月16日なのですが、先立ってAmazonでは11月12日発売となります。既に予約はできますので、現在英会話学習中の方やこれから英会話を学ぶ方は、是非お買い求めください!内容は分かりやすくしてありますので、気軽に英会話を学ぶことができると思います。(続きを読む)

プラス思考

試合前に態度や歩き方、目配り、表情などの細かい部分まで、いかにも自信があふれているように行動します。これまでのあなたの表情を、肯定的に自信と熱意が溢れた表情に修正していきます。外から見える態度をコントロールする事は、内面的な感情のコントロールに直接影響します。(続きを読む)