人格主義

今回のオンラインサロン(有料)は「人格主義と個性主義」という題で行いました。スポーツでの人格主義とは、スポーツマンシップにのっとったプレーや、誠実なプレーヤーになるということです。野球やサッカーはチームスポーツですので、チームのためにプレーするというのは当然のこととして考えられていますが、私はその前に個々の選手が誠実でないといけないと考えます。(続く)

力の加減

野球にしても、ゴルフにしても、全力でプレーしなければいけないと思い込む人は多いものです。それは何もおかしいことではありません。人間は狩猟時代から窮地に立たされると体に力が入るようにできています。というのも、体に力を入れることによって何かあった時(例えば、獣に急に襲われるなど)に、自分の体を守ることができるからです。(続く)

リミッターを取り払え

ゴルフでいきなり1番バーディー、2番バーディーでスタートして、今日は良いスコアが出そうだな、なんて考えていたとします。しかし終わってみたら、いつもと同じような1オーバー、2オーバーにスコアがまとまってしまっています。反対にボギー、ボギースタートで、今日はあまり調子良くないなあ、と思いつつプレーしていくにつれ、プレーがある程度安定していき、上がり5ホールで3バーディー。ラウンドを終えてみたら1アンダーになることもあります。(続く)

11/22(日)メディア出演情報

11/22(日)メディア出演情報

新規投稿を追加 下書きへ切り替え (新しいタブで開く) プレビュー(新しいタブで開く) 更新 タイトルを追加 11/22(日)メディア出演情報 11月22日(日)14時〜16時、BSテレ東「ゴルフ侍、見参!特別編」に出演します。通常は、日曜日朝の60分番組ですが、今回は特別編で日曜日午後に120分番組となります。以下の2人のプロとの対決です。私のゴルフプレーをじっくりとご覧いただけますのでお見逃しなく!(続きを読む)

音楽を聴いて感情をコントロールする

スポーツのパフォーマンスを上げるために音楽は欠かせないものだと私は考えます。特に気持ちが乗らない時、緊張している時、落ち込んでいる時は、音楽を用いて自分の感情をコントロールすることができるでしょう。オリンピック選手が競技直前までイヤホンをしているのをテレビで見かけると思います。それは普段から練習中、試合の前に同じ音楽を聞いていて、大試合の前でもその曲を聞くことにより、平常心を保てるようにするためです。(続きを読む)

今に集中する(ゴルフ編)

「チャレンジして成功するのが好き」というゴルファーは、熟達ゴルファーです。その気持ちがあれば、ラウンド中に失敗したり、良いスコアが出ないとしても、怒ったり落ち込んだりすることはないはずです。ゴルフで1番大事なのは、そこまでどんなスコアであろうが、直前のショットが最悪のものであろうが、その事実を受け入れて、目の前に集中することです。(続きを読む)

熟達プレイヤー

熟達プレーヤーとは、コースと戦うプレーヤーのことです。あるいは、練習でも試合でもより良いプレーができるように精進するプレーヤーのことです。相手は同伴プレーヤーではなく、コースだと思った方が良いですね。このホールでパーを取るにはどういう戦略が必要かを考えます。ティーショットを曲げてしまったなら、そこからどの位置のフェアウェイに出せば、パーを拾えるか? 悪くてもボギーで上がれるか? などを常に考えるプレーヤーのこと。(続きを読む)

自分を知る

成功する人は、自分の置かれている立場をよく理解しています。自分の身の回りに起こるちょっとしたことでさえ、理解が及ばなかったり、コントロールできないことを知っています。成功するには、まず自分を知ること。自分がコントロールできることと、できないことを見分けることができなければなりません。自分自身を知ること、それは自分自身を直視して、自分をごまかさないことです。自分を知り、自分の能力を信じ、常に向上心を忘れないことが成功する秘訣です。(続きを読む)

「気持ちが伝わる!好かれる英会話」

「気持ちが伝わる!好かれる英会話」

「気持ちが伝わる!好かれる英会話」日経BP社より、1,650円での販売となります。発売日は11月16日なのですが、先立ってAmazonでは11月12日発売となります。既に予約はできますので、現在英会話学習中の方やこれから英会話を学ぶ方は、是非お買い求めください!内容は分かりやすくしてありますので、気軽に英会話を学ぶことができると思います。(続きを読む)